徹底比較!店舗向けアプリ開発パッケージ

失敗しない店舗アプリを開発するための比較サイト

店舗向けアプリ開発パッケージランキング

このサイトでは、店舗・ECサイト向けのアプリ開発パッケージを徹底調査!
調査・比較した結果のおすすめパッケージをピックアップしています。

スマホアプリ導入を検討している方は、ぜひ参考にどうぞ。

第1位

Piece
長所 既存機能を利用したカスタマイズを中心に制作するため、将来の拡張性が高いメリットを活かしつつ低価格化を実現している
機能を選択して導入できるので初期コストを抑えてスタートできる。
アプリのダウンロード数、アクティブユーザー数等の分析機能が標準で付いており店舗運営に役立てることができる。
短所 将来アプリを活用するための拡張性が高いアプリ制作であるため、とりあえず作るアプリには向かない。
概要 拡張性が高く将来のカスタマイズに強いアプリ制作パッケージ。企業の成長に合わせて必要な機能を随時追加していけるので小さく始めたい、大きく展開したいなど様々な要望に対応できる柔軟性が魅力。2011年からの老舗サービスで信頼度も高い。

第2位

アプスタ
長所 上位プランの機能が充実している(データ分析が比較的有利、ダウンロード数、ディスク容量無制限、専用サーバーなど)
バリュープラン以上でオリジナルのデザインやオリジナル機能の追加対応などができる
料金体制がわかりやすい
短所 基本プランだと機能がかなり制限されるので上位プランじゃないと使いづらい。(ウェブサイトを表示できない、オリジナルデザインができない、共用サーバーなど)
上位プランを利用をする場合、費用が比較的高額。
基本的にプランによって使える機能が制限されているので、運用したい機能に対して費用が高くなりがち
概要 商店などが独自のスマートフォンアプリを作成できるサービス。わかりやすいプラン設定で展開中。2013年6月サービス開始、飲食店が多い。

第3位

GMOおみせアプリ
長所 マーケティングに関するノウハウが豊富なため、どう進めたら良いかわからない人の参考になりやすい。
プランにもよるが機能が豊富に搭載されている。
POP、紹介カード等の作成特典が付いている。
短所 ミニマムプランでも他サービスに比べ費用が高い。
データを活用した運用を考えている場合、上位のプランが必要な部分が多く料金が高くなりがち。
概要 GMOグループで2014年から開始したサービス。グループ会社のノウハウを活かした提案力の高さが特長。

当サイトのオススメアプリ開発パッケージはPiece

アプリを開発は、作ることそのものよりも、長期的な運用による顧客満足度の上昇、顧客接触機会の増加、売上の増加が大切です。
その目的を達成するという視点での当サイトのおすすめアプリ開発パッケージは「Piece」です。以下に当サイトで「Piece」をオススメする理由を記載します。

■店舗・サービスにフィットする柔軟性・拡張性の高さ

「Piece」の一番の特徴はその拡張性の高さです。
アプリ制作サービスは多く存在しますが、費用が安いパッケージは、機能が制限されており有効に使いづらく、機能豊富なパッケージは、費用が高額で予算が潤沢にある店舗、企業でないとなかなか導入しづらいというのが実情です。
その点「Piece」パッケージは、料金体制がプランモデルではなく、機能数ベースでの料金体制になっているため、不要な機能の費用が発生しません。必要な機能のみ追加できるので、使いたいアプリの機能数に対して、コストを低く抑えることができます。
機能の追加するタイミングも自由に構想できるため、まずは最小機能で初期投資少なく始め、事業の拡大と共にアプリの機能を充実させていくという、事業にフィットしたアプリ運用が可能です。

■デベロッパーによるサポートと、アプリを通しての課題解決の提案

システムのサポートは一般的にはサポート担当者が行うことが多いですが、「Piece」パッケージでは開発デベロッパーが直接ヒアリングを行う、要望をきちんとアプリに反映しやすい体制を取っているようです。ヒアリングした内容からのご提案も、営業専門の担当者ではなく開発陣の対応ですので、机上論ではなく実際にシステムにするとどういったアプリになるのか、という現実的な話ができます。

アプリ開発における打ち合わせの内容については、こちらの記事などが参考になります。
アプリ開発の要件定義って何するの
アプリを開発する際の注意点とは

スマートフォンの普及率はこれからも伸びていきアプリの需要はますます増えていくでしょう。競合に負けないサービス展開をするためにもアプリを利用して店舗・サービスのファンを増やしていきましょう。